タバコは今すぐ止めて。

どんなにいい栄養をとっても、それを一瞬で無にしてしまうもの、それがタバコです。甘いものだって、とらないに越したことはありませんが、とり方やタイミングで緩和する方法があります。しかし、タバコの場合、吸っていらっしゃる方には残念ですが、減ってしまったビタミンCを補てんするぐらいが精いっぱい。身体を傷つける要因のほうが多くて追いつきません。タバコは体内で、何千種類もの有害な化学物質を合成させます。血中に活性酸素を増やすので、老化を進めることになるのです。血管が収縮するので血行が悪くなり、くすみ肌の原因になるうえ、シミやシワを作ります。野菜やフルーツの抗酸化物質をいくらとったところで補いきれない、無数の引っかき傷が細胞につけられているという状態をイメージしてみてください。いやですよね。2年、3年でその違いは必ず出てきます。

しかし今すぐ止めたほうがいいと頭でわかっていても、できないのはなぜでしょう。その原因を考えるところから始めましょう。なぜ吸ってしまうのか。そのストレスのもとを断つことです。止めるためのノウハウやグッズもたくさんあるので、うまく利用して、段階的に吸う本数を減らすところから始めてみましょう。タバコを止めると太るということも言われていますが、身体の機能が上がって、すぐに元に戻りますよ。

足りないのも多いのも、運動が老化の針を進める。

運動不足はいけないとわかっていても、時間がない、疲れたという理由で続けられない人も多いでしょう。なぜ運動不足がアンチエイジングによくないのか。運動をしないで、普通に生活しているだけで脂肪が燃えることを基礎代謝といいます。筋力が落ちると、その量が減っていき、太りやすくなります。その減少速度を遅くしてくれるのが、筋トレなのです。筋トレはそのほかにも、肌にいい成長ホルモンをたっぷり出す、運動することで血流がアップして、体内のすみずみの血管を強化できるなどのアンチエイジング効果があります。

また、姿勢をまっすぐに保つのも筋力なので、筋肉が落ちるとすっきりとした姿勢を保てなくなり、老けた印象になってしまいます。しかし、運動をしすぎるのも、逆にエイジングを加速します。運動をすると、体内で活性酸素といわれる物質ができ、それが多くなりすぎると老化が進みます。毎日何十キロも走るなどというのは、ちょっと多すぎますね。有酸素運動と筋トレを週に2~3回、8分程度でアンチエイジング効果は十分です。ジムに行かなくても、グッズを使って自宅で行なえます。日々のスケジュールに組み込み、「動かないと気持ちが悪い」というところまで習慣化しましょう。2年後も笑顔でいられますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です